陽だまりでお昼寝を

hakuippo.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:御幸(サンディー)( 9 )

みゆきの 思い出


御幸 (みゆき) *



今日、6月 6日

可愛い 御幸が虹の橋のたもとに旅立って、ちょうど1年たちました。。
a0251586_18591767.jpg


去年の1月11日、ちばわんより、初めての預かりわんことして、
我家にやってきたみゆき。。当初は、仮の名サンディー。。

同時に預かったシンディー(現・結月ちゃん)と、
とても仲良く暮らしていました。。


家に来た時から、弱々しく(フィラリア末期)、、

4月11日、我家の子になりました。

そして、、、6月 6日。。。




一緒にいられたのは、たったの5カ月間だったのに、、

御幸とは、赤ちゃんのころからずっと一緒に暮らしてきたような、

そんな気がします。。



この きれいな瞳
a0251586_237198.jpg


とても穏やかで、気品のある子でした。




御幸は、出会うすべての生き物に、、優しく、、

     “こんにちは。。わたしは御幸です。。。”  と、

             いつも微笑んでいました。

犬にも猫にも、鳥にも、虫にも。。。

目と目が合った、人間にも。。



一緒にいた、お転婆で勝気だったシンディー(現・結月ちゃん)は、

ほんとうは淋しがり屋で、気の弱いところがあったのですが、

どうゆうわけか、、御幸といると安心していました。


当初シンディーは落ち着きがなく、私にぶつかるように突進して

甘えてきていたのですが、それを分らせるために私はおおげさに

困っているそぶりをして見せていたところ、、

穏やかな御幸が シンディーに、“がぅっ!!” っと 一言。。。

その一言以来、、シンディーは大人しくなったことがありましたっけ。。。


その後も、みゆきは私を守るようなそぶりを、何度か見せました。。
 


こんな動画がありました。まだ、到着後17日めの朝です。。

写真をとるつもりで、間違ってビデオボタンを押したものですが、
今となっては懐かしい。。




食べることが大好きで、、

いつもあっという間に完食!!




我が家の子になった翌日。。



こんなに楽しそうにお散歩していました。。。







                 御幸。。。


            いつまでも忘れないよ。。。
by wan-a_a-nyan | 2013-06-06 23:56 | 御幸(サンディー) | Comments(2)

みゆきのシッポの音が‥



みゅーちゃん *



うれしいと、 細ーいシッポを ふりふりしてくれる。。
a0251586_10471052.jpg




わんこ部屋のケージの中は幅が少し狭く、、シッポを振るたびに、

パーン パーン パーン パーン‥‥ と、 とても軽快な音が鳴り響く。。

私の気配を感じると、、即座に、、

          パーン パーン パーン パーン‥‥






その音が   もう   聞こえません 。


御幸

平成24年6月6日 午後6時 永眠。




a0251586_1102086.jpg








5月19日のはげしい発作。胸水を抜いた処置後は、食欲が一時無くなり、外にも出なくなりました。
療法食に薬を溶き混ぜての強制給餌。。
また、元気に食べられるように、祈る思いで無理やり食べさせました。。

23日ごろから徐々に食欲が戻ってきました。
いつもの腸管アシストのドライフードに、同じ腸管アシストのウェット缶を混ぜると、自分で食べてくれるようになり、なんとか薬も続けることができました。
しかし、食べる量は、以前の一日量の約半分に減りました。5月27日撮影
a0251586_1161238.jpg
また少し外に出ることが出来るようにもなり、、ほっとしたのですが。。

変わらず呼吸が苦しそうな日々が続きます。。また、お腹が膨らんできました。

30日、少しでも楽になるように3度目の腹水を抜く処置をする事に。。
圧迫が少し無くなり、呼吸は多少楽になったようですが、、
食欲はまた、落ちてしまいました。

31日、先生に相談すると、「もう、どんなものでも、みゅうちゃんの好きな物をあげて下さい。」と言われ、、
蒸ササミを細かくしたものや、レバー缶をすりつぶしたのや、馬肉ミンチを蒸したのや、、あれこれ工夫してみました。
それでも一口ぐらいしか食べられません。
薬を一緒に食べさせなければならないのに、上手に薬だけを吐き出してしまいます。
薬を包むペーストを試したり、市販の犬用ミルクや、栄養ドリンクや、ありとあらゆるものを試しましたが、どれもいやがり、、
強制給餌も、かたくなに拒むようになりました。

                     5月31日夜 撮影 甘える みゅうちゃん‥
a0251586_1117419.jpg


そして、、一番大事な心臓薬さえも与えることが困難になりました。


あんなに食べることが好きだったみゆきが、、食べなくなりました。






6月2日、先生に教えていただき、家で一日1回の皮下補液を始めました。
食べなくなり、立っているのも辛そうになり、、ほとんど横になっているようになりました。
それでも、、私がいる間中は頑張って立っているのです。

3日、下痢、嘔吐。その夜、初めて見る血の混じったタール様の便がシートにしてあり、、
それを御幸は、上手にシートを折り、隠していました。。。

4日、再度胸水を抜くかどうか、検診に連れて行きましたが、処置はもうこれ以上は止めることになりました。嘔吐止めの注射。
そして、血液検査をすることになったのですが、もうどこを圧迫しても血管が出ず、採血に10分ほどかかってしまいました。‥でも、その結果ナトリウムなど必要と解り、補液を生理食塩水に変え、嘔吐止め薬を入れたものを一日2回に。
心臓が悲鳴をあげているため、それに伴って腎臓、肝臓の状態もかなり悪い数値。。
全く食べなくなり、水を少し飲むだけです。

夕方また少しタール様の便がシートにしてあり、、今度もまた上手にシートを折り、隠しているのです。。。
体を動かすのもつらいはずなのに‥どのようにしてそうしたのか‥

御幸は、弱ったところを見せない凛とした子です。


その夜、深夜0時ごろ、御幸がよろよろしながらも、私を外に誘います。。
ゆっくり二人で外に出ました。庭を数歩 歩き、、しっこをした後、じっと立ったまま動きません。
私もしばらく、星を眺めて、、ふたりで佇んでいました。。
そろそろ部屋に入ろうと、、、引いても、呼んでも、動きません。。
初めて抱っこして部屋に入れました。。これがみゆきとの最後の散歩になろうとは‥。


5日、ついに、立てなくなりました。。。腰が抜けたように伏せて首を前に伸ばして、、ぐったりとしています。
ケージの中に、ウレタンマットを敷き防水シーツをかけ、いつもの毛布を敷くなど、寝たきりになっても良いようにしました。
御幸は、体中が辛いはずなのに、立てない自分が不思議なようでもありました。

一日2回の補液。。私は、何かと戦っているような、長い長い時間を過していました。
今、私が慌ててはいけないんだ。。つらいのは、御幸なのだから。。
穏やかに接するように、、御幸には、大丈夫だよ。。一緒にいるからね。。と。。
自分の無力さに、うちのめされながら‥。

“そうだ、、、明日の6月6日は、
御幸の6歳の誕生日にして祝ってやろう。。” と 思いたち、、
夕方、庭のバラをたくさん摘んでおきました。。


6日、朝、御幸の誕生日をシンディーと一緒に祝いました。
部屋には、みずみずしいバラと御幸桜の緑の枝を飾って‥。

     “生まれてきてくれて、ありがとう‥”

そのあと、新しい補液パックをもらいに病院へ行き、、
そこで先生の顔を見た途端、、
ようやく今 “死”を待っていることに気づき、、
涙があふれてきてしまいました。。。


部屋には、今まで一度も私の前で横になって寝たことのない御幸が、、
フィラリアに侵されて、横たわって苦しんでいました。

お昼に顔をみて、擦り。。
また、数時間後部屋を覗き、顔を上げるところを見て、、

夕方、夕飯準備を終え、、御幸の傍に行くと、こちらに顔を向けている
御幸と目が合いました。
飲めない水をもしやと思い皿に入れてから、傍に寄ると、、、
顔だけ壁側に向け替えて、ぐったりしている御幸‥
急いで、手で顔をこちらにむけると、、2,3度喘ぐように舌を出し、、、


息をひきとってしまいました。





私の顔を見るまで、声を聴くまで、、待っていてくれてありがとう。。





a0251586_11312981.jpg








天使の翼をつけて、旅立って行きました。。


   虹の橋のたもとで、自由に走り回るんだよ。。




   私の子、御幸。。。可愛い、みゅうちゃん。。。


   5か月は、、短かすぎたよ。。。


   もっと、一緒にいたかった。。。






                また、会う日まで。。。








                愛しているよ。。。。
by wan-a_a-nyan | 2012-06-09 11:39 | 御幸(サンディー) | Comments(0)




御幸、 みゆき、、 みゅうみゅう、、、みゅうちゃん‥




a0251586_17241465.jpg

        愛しい、、今日のみゅうちゃんです。。




今日は、しとしと と、、雨が一日中降り続く、静かな一日でした。

私の心も、少し、、穏やかに落ち着き、
         こうして、ブログを付けられるようになりました。




a0251586_15414615.jpg
            繁る 御幸桜の葉‥‥




八王子いぬ親会後の、連休後半から、
御幸は、下痢が続き5月6日(日)に、吐き、突然倒れてしまいました。
あわてて救急病院も調べましたが、、ほどなく立ち上がったので、
翌7日の月曜日を待って、かかりつけ病院に朝一で駆け込みました。
緊急で、腹水を抜く処置が行われました。
3月から溜まり始めた腹水は、体重20.2㎏!およそ5ℓでしょうか。
約15分ほど、横に寝かされた御幸に付き添い、腕枕をして首筋を撫で続けました。
みるみる出てくる腹水‥しかし抜き過ぎてはいけないそうで、処置後の体重は19.2㎏と、約1リットル抜けたようです。
その後すぐに帰宅し、元気そうな様子に一安心していたのですが‥



9日経過の、16日(水)、、2日間ほどまた下痢気味になり、お昼ごろ食べたものを激しく吐き、また倒れこみ、かなり長い間息苦しく起き上がれなくなりました。
午後の診療で、また、腹水を抜く処置をしてもらいました。今回は太い針で、かなり長時間かけ約2リットルほど抜かれました。
その時、なんと、、針の管から、、、白いそうめん状の虫が1匹!!
にっくきフィラリア成虫が目の前に出てきたのです。先生も驚く、本来血管の中にいるはずの虫が、、ありえないことですが、腹水とともに出てきたのです。

翌日まで、なかなか針の穴が塞がらずボタボタ腹水が出続けてしまい、心配で先生に止める方法を聞きに行き、ようやく1日半後に止まりました。お腹はぺったんこになり、家に来た当初のようなガリガリの腹部に戻ってしまいました。
一生懸命食べていたのに身になっていなかったんだね‥。

エコー検査によると、胸水も溜まっているとのこと。このところ活動後の咳き込みがはげしくなっていたのは、その為だった。。胸も圧迫され息苦しかったんだね‥。

処置後も、食欲はあり、少し楽になると思っていたのに、、


18日(金)夕方、嘔吐。薬を飲ませるために少し食べさせてしまい、、また嘔吐。
翌19日(土)水を飲みたがるので、少し与えてしまい、、また、嘔吐。
これが、良くなかった。。みゆき。。ごめんね。。

夜、ものすごい発作で倒れてしまった。。
もしもの時にと頂いていたニトログリセリン軟膏を、耳中の皮膚に塗布。
病院に頼み、緊急処置。ついに胸水を抜くことに。
胸に針を刺すのだが、、血壁が厚く4回、、場所を変えて5回めでようやく胸水が出てきた。。鮮血の混じった真っ赤な胸水。。麻酔なし。。
しかし御幸は痛がる様子は見せなかった。それ以上に体中がきつかったに違いない。。
腕枕をしてやり、、、首筋を擦りながら、、大丈夫だよ‥楽々だよ‥と、
ゆっくり声をかけながら、、
半ば放心状態で付き添っていた。。。





a0251586_17232973.jpg
      今日、、みゅうちゃんは、立っています。。

           おしっぽも、ふりふりしてくれています。。。






水ばかり飲みたがり、食べようとしません、、

ついに、食欲が無くなってしまいました。。。

流動食を強制給餌しています。



しかし、、

昨日いただいた食欲の出る薬が効いたのか、、

さっきは、なんと、、、

       自分でカリカリフードを少し食べてくれました!!






a0251586_1648458.jpg
     みゆき‥ 
          御幸桜が大きくなってきたよ、、
               また、お外にでようね、、、






           御幸‥



           なにがあっても、、



           ずっとずっと一緒だからね。。。。。。。。。。。。。
by wan-a_a-nyan | 2012-05-22 17:47 | 御幸(サンディー) | Comments(3)

ずっとずっと一緒だよ


サンディー*




4月11日
サンディーが我家にやって来て、ちょうど3ヶ月経ちました。

a0251586_228146.jpg





昨年の12月24日 クリスマスイブの夜、家族で食事後、
        いつものようにひとりで、のんびりネットを見ていました。


その時、年末にもかかわらず、わんこ達の為に愛護センターに
通って下さるボランティアの方々からの、
        熱いレポートが続々とよせられていました。



そして、、見てしまったんです。



ちばわん愛護センターレポート


なにかに、突き動かされたかのように、、


思わず、、息子に写真を見せ、大急ぎで話をつけ、協力を要請。
半ば強引に主人に了解を得ると‥、
1時間後にはちばわんに預かりの手を挙げるメールを送っていました。




a0251586_038277.jpg
冷たい床に寄り添っている2頭の、どちらかを選ぶことはできませんでした。



a0251586_1441048.jpg
      シンデイーが、今は亡き親戚のわんこに似ていたことや、、



a0251586_1413018.jpg
         サンディーの凛々しい横顔に、、



なにか 惹きつけられるものがあったのでしょうか。。



いつか、、
こんな日が来ることを、心のどこかで予期していたのかもしれません。。



センターでは、引出しわんこにワクチンを打ち、
            1週間の検疫期間を設けます。


正月は、2頭が病気を発症せず無事にセンターから出られますように‥
            と、神社で祈って待ちました。

そして、
1月11日 センターの職員さまや、ちばわんボランティアさま達
のお世話になり、2頭は無事我家に到着しました。



ようやく、ほんとうの家族を見つけて 幸せになる
       スタートラインに立つことができた。。その日に、、


サンディーは体調を崩し、入院。
       
       医者からは、「フィラリア末期」 と言われてしまったのです。。


つらい現実を、私のほうが、なかなか受け止めることができず、
なんとか、助けることはできないのか、大学病院で手術できないのか、
悩みながら、毎日いろいろと フィラリアのことを調べました。

    犬達は、なんの因果でフィラリア虫を体内で育ててしまうのか‥。

    今は、予防出来るのに、それを怠る人間が、腹立たしい‥。




結局、自宅近隣のかかりつけ病院での、対処療法を選択。
 

 
体調はいよいよ 腹水が溜まり始めて、つらい状態になってきました。。





しかし、毎日一生懸命 食べて、生きようとしている、、


a0251586_23560.jpg


            生きている、 サンディーです。





そして今、
       健気なサンディーに、
            このままずっと、
                  寄り添っていきたいと思うのです。


 

      

御幸桜が咲いたその日、我が子にさせていただきました。



a0251586_1265016.jpg
      新しい名前は、御幸(みゆき)。

           みゅうみゅうちゃん、、

                ずっとずっと、一緒だよ。。



      






       どうも、みゆきに、私は選ばれてしまったようです。。




         
by wan-a_a-nyan | 2012-04-19 10:52 | 御幸(サンディー) | Comments(8)

サンディーの体調・3





サンディー*





今日も、、
      のんびりと、、
              過ごしていますよ。。。
a0251586_16434884.jpg
            「お外は、気持ちいいでしゅね」






サンディーの体調、、 その後です。。


3月12日(月) 検診8回め

腹水が溜まり始めて1週間後の検診です。

おそれていたことが起き始めてしまいました。体重が15.8㎏。

いっきに、また1.5㎏も増えています。

エコーで診てもらいましたが、腹水がどんどん溜まってきています。

利尿剤1種を、少し強いものに変えて、2種。  

と、心臓薬2種。胃腸薬1種。

      食後に咳き込むようになってきました。。

         それでも、、食欲は旺盛なんです。



3月19日(月) 検診9回め

体重が、16.88㎏と、なんとまた、約1㎏も増加。ほぼ腹水です。

腹水は栄養分を含んでいるため、むやみに注射で抜かないほうが良いそうです。

利尿剤1種をまた少し変えて2種で、おしっこで抜けることを期待します。

尿量も増えましたが、飲水量も増えてしまいましたので、飲み水を少し制限してみることになりました。

食事の時など、興奮すると咳き込むことが多くなったので、心臓薬が1種追加されて3種になりました。

便はそこそこ まとまっているので胃腸薬はなしでも良いことに。

ビオフェルミンを朝夕2粒(計4粒/日)は、続けています。

      お散歩は疲れるようで、庭だけですますようになりました。。

      でも、足腰には うっすら筋肉もついてきているのですが‥。

      動きが大きいと、どこかから空気のもれるような音が。。

      肺の機能が落ちてきて、、  息苦しいのでしょう‥。


      しかし 不思議なくらい、、食欲は旺盛です。。



3月26日(月) 検診10回め

体重、17.62㎏。。。また、約1㎏も増加。

3月に入り、検診7回め以降合計4.5㎏も増加してしまいました。

利尿剤の効果があまりありません。。。

しかし、お腹の張りは、まだ余裕があるとのことで、、利尿剤(1種を夕方だけ2錠に増やし)2種で、様子をみることに。。。

心臓薬3種とで、5種の薬は変わらず。。。


      
        相変わらず、がりがりなのに‥
a0251586_2245740.jpg
        お腹の大きいことで、、普通に見えてしまいます‥



4月 2日(月) 検診11回め

体重、17.8㎏!! たったの0.18㎏増です。増え止まってきました!!!。

これには先生も驚かれていました。

ここで気を抜かず、利尿剤(1種を朝夕とも2錠に増やして、)2種で、腹水がもっと減っていくように様子をみるとのことです。

心臓薬3種とで、5種の薬は変わらずに。。。


     




        サンディーの体を毎日さすって、、、
a0251586_23102144.jpg
       “気” を入れています。。。





        うっとり してくれることが うれしい。。。
a0251586_2312042.jpg








         のんびり。。。のんびりだよ。。。
by wan-a_a-nyan | 2012-04-10 23:37 | 御幸(サンディー) | Comments(5)

サンディーの体調・2


サンディー*





少しづつ暖かくなると、、
庭のあちこちから、草がもりもりと生えだし‥

           はみはみ‥はみはみ
a0251586_2258257.jpg

       さぁーこちゃん、、小石まで飲み込まないでよ。。






今日は、サンディーの体調の変化 の続きです。。



2月 13日(月)

(到着時入院、1/16退院後、、) 毎週月曜日に検診ですが、

前回2/6(月)に続いて2/8(水)にも検診と血液検査をしたので、

本日13日は、薬のみいただく。

薬 心臓薬2種、胃腸薬2種、抗生物質。。 と 同じく1週間分。


食欲は、変わらず旺盛。

       心なしか元気に思える日々でした。




2月 20日(月) 検診5回め

体重13.9㎏に! 2/6より900g増えました。

便の調子も良くなってきました。

薬は、いつもの心臓薬2種(朝夕飲むチュアブルタイプのものと、
1日1粒のもの)だけになりました。

人間用ビオフェルミンを朝夕2粒(計4粒/日)をあげて、腸内環境を良くすることに。


      庭では、結構速く 小走りしたりするようになりました。




2月 27日(月)  検診6回め

体重13.2㎏‥  先週よりまた少し減。。

薬は、いつもの心臓薬2種。 ビオフェルミンを朝夕2粒。


      食後に、少し咳をするようになりました。。
    
       でも機嫌はよさそうです。




3月 5日(月)   検診7回め

この日は、念のために半日入院してレントゲン検査を受けました。

肺に少し白い陰りがあり、
心臓肥大による各臓器への圧迫もみられました。

エコー検査もしてもらったところ、
腹腔に少し水が溜まり始めていました。。

体重は14㎏位になりましたが、、これは喜んではいられません。。

薬は、利尿剤を2種朝夕に追加。

と、いつもの心臓薬2種で少し様子をみることに。。 

ビオフェルミンを朝夕2粒は続ける。


      食欲は旺盛。食事前はいつもかなり興奮してしまいます。

      そのため、少し息遣いが荒くなってきました。。



a0251586_22551392.jpg

      喉が渇くのよねー     お尻は気にしませんことよ‥     



 

a0251586_22555677.jpg

      もっと、いっぱい ごはん下さい。。







            それでも、毎日健気なサンディーです。。
by wan-a_a-nyan | 2012-03-27 00:29 | 御幸(サンディー) | Comments(0)

サンディーの体調・1

サンディー*



今日は久々に、穏やかに晴れた日曜日でした。。

               朝のお散歩
a0251586_22573735.jpg


               可愛いサンディー
a0251586_244445.jpg




こうしてみると、さぁーこちゃんは
普通に元気そうなわんこさんですが‥


            このところ、朝はどんよりすることも。。。
a0251586_2342264.jpg
 





ここで、、、
我家に到着から、今日までの
サンディーの体調の変化を記しておきたいと思います。。



1月11日
夕刻到着。フードをガツガツ食べ、倒れこむようにすぐに眠る。
   12日
朝フードをむさぼるように食し、またすぐ寝ましたが、お昼に、
到着後から食べたフードを全部 未消化のままもどし、同時にひどい
下痢をして立ち上がれなくなってしまいました。
急きょ午後の診療で、近くのいきつけの病院に行き、脱水症状が
ひどいため、そのまま入院となりました。
   13日
様子をみにいきましたが、食べたそうにはするものの
すぐに戻してしまい、胃腸の薬や、抗生剤、点滴で様子をみることに。
そのときの検査で、フィラリア陽性と判明。
血液検査の数値もほとんど良くありませんでした。
とにかく、まずは食べたものを受けつけるようになることを祈りました。
   14日
ようやく少し食べたものを戻さずいられるようになりました。
到着日と入院初日は、小さく縮こまり丸くなって寝てばかりでしたが、
立ち上がり元気そうになりました。
でもまだ便も出ず、脱水症状もひどいため、当分入院。
   16日
サンディー退院。
エコー検査によると、心臓右心室にフィラリア成虫が多くいる状態で、
心臓が肥大。血も時折逆流しており、なにがあってもおかしくない状況。
体調が急変することを覚悟しておいたほうがよいのでは、、とのこと。

いきなり、この現実につらい思いでした。。。

ともあれ、食欲は旺盛。便も出てきたので、処方の腸管サポートフードを
1日4回に分けてあげるようにしました。
心臓薬1種、胃腸薬2種と、抗生剤1種。
急な運動やストレスを避けることも大事とのことです。

   23日
1週間後の検診。 下痢はほぼ治まり、体重約500g増。(食欲は旺盛)
先週と同じ心臓薬1種に最新の心臓薬が1種増え2種類に。
胃腸薬2種と、抗生剤1種はもう少し続ける。

歩行は、まだ変わらずよろよろしていました。
あまり歩いていなかったのでしょうか。筋肉ほとんど無し。
このときはまだ、食べたらすぐにベットで寝ていました。

体力があれば、釣りだし手術も可能だが、当分無理とのこと。
フィラリア投薬は、体調体重に合わせて、慎重に春ごろから。

療養に数か月かかるのかなぁと思っていました。。

  30日
3回めの検診日。
体重 初診時13.1kg 2回目13.6kg 今回12.9kgと、、
初診時より落ちてしまいました。
薬 心臓薬2種、胃腸薬2種、抗生物質。。 と変わらず1週間分。
胃腸が栄養を受けつけません。レントゲンなどで検査してみないと、
どんな病気が他にあるか解らないところです。

しかし、サンディー自身は、だんだん機嫌良くなり
お散歩を楽しむようになってきました。

2月 6日
4回めの検診。同じ薬のみ。

    8日
再血液検査
a0251586_1143024.jpg

数値はかなり落ち着いてきました。腎臓、肝臓はほぼ正常値。

精密に各臓器をエコー検査したところ、、
心臓の状態が最も悪く、肺高血圧症。
心臓の弁にフィラリア成虫(おそらく死がい)がからみつき、
右心室や、通常でない右心房、後大静脈に固まっている。
手術はたいへんきびしい状況になるため難しいとのこと。。
 

釣りだし手術が不可能。。
それは、どういうことを意味しているのか。。。
考えたくない思いでいっぱいでした。。








それでも、

  サンディーの人間を信じきったつぶらな瞳に、
            


             答えてあげたいと、
                


                 今も体を擦る毎日なのです。。。











              
by wan-a_a-nyan | 2012-03-12 02:20 | 御幸(サンディー) | Comments(2)

もしかして‥






サンディー*





つやつやの黒毛
a0251586_23393954.jpg



足先は、白のソックス履いちゃって
a0251586_23404687.jpg



お目めは 深いレンガ色
a0251586_23471874.jpg



スレンダーな手足     ちょっと痩せすぎだけど‥
a0251586_2348485.jpg

                       仮ハハはうらやましいよー




仔馬のようにポクポク歩いていた、当初の弱々しさは何処へやら

このところ、ますます活気が出てきましたよ^^

颯爽と小走りする姿は、サラブレットのよう



         *    *    *    *



サンディーはフィラリアのため、心臓のお薬を服用中です。。。

運動もある程度 制限したほうが良いらしい

なので‥

あまり元気に走ってくれても‥‥困る


          でも、とっても うれしそう^^

a0251586_23563653.jpg





先日、そのお薬をいただきに動物病院に行きました


待合室に貼ってある 犬の犬種のポスターを

何気なく眺めていたところ‥



a0251586_23503379.jpg

                 ポインター





              ?   ?    ?





   さぁーこちゃん、、、

           もしかして ポインターなの?
by wan-a_a-nyan | 2012-03-03 00:12 | 御幸(サンディー) | Comments(0)

はじめての いたずら




  
   *サンディー*


つぶらな瞳で、いつも見上げているサンディー。。


人のすることが、不思議でしようがない様子。


いっつも傍にそっと寄り添って、邪魔しないでおとなしく観察してます。


ほんとにそっと‥‥寄り添っているのです。。

a0251586_17283226.jpg






そんなサンディーが、、

             やってくれました。。  
a0251586_17134594.jpg


初めての、いたずらを!



ハクハハは、うれしいよっ。
        そうそう、好きなようにしていいんだよ^^。





いつもは、日に4回ほど 1時間ぐらい個別ケージから出してやり、
人がいるときだけ部屋にフリーにしています。
そろそろ落ち着いてきたので、昨日はフリータイムを3時間に延ばして
部屋に2頭っきりにしてみたんです。。
シンディー(茶)は、動き回りすぎるので、1メートルで係留しておきましたが。。

サンディー(黒)は、ふだん私のすることをじーっと見ていて、
いつかはこの棚の上の物を見てみたかったんでしょうね^^。
立ち上がると、1m20cmぐらいの棚の上の物は口で下せるらしい。。

そして、
面白いことに、距離的に届かないはずのシンディーの場所にもコレが、、
a0251586_17142996.jpg

サンディーがシンディーに持って行ってあげたんですよー。
仕事っぷりがちがうので、コレはシンディーの仕業です。
分け与えたんですね。きっと^^。






おしっぽフリフリ~   やったね!
a0251586_17151120.jpg





    仲良く、初めてのいたずら。。。大成功。。
by wan-a_a-nyan | 2012-02-20 17:38 | 御幸(サンディー) | Comments(4)

愛犬・珀(ハク)の日常と          保護わんこ・にゃんこの     幸せ探しのお手伝い       ときどき花や緑


by wan-a_a-nyan