陽だまりでお昼寝を

hakuippo.exblog.jp
ブログトップ

2014年 12月 27日 ( 1 )

千春





3月 11日 多実保護 同日
午後6時 
もう一匹 保護!!

どうしても保護したかった キジ白くん!
これで目的の2匹保護達成。。とばかりに、、
布に覆われた捕獲器の中を、良く確認せず、、
喜び勇んで病院へ直行!!

しかし、
そこに入っていたのは、、
a0251586_22151841.jpg

見たことのないグレーの猫だった!!
唖然


ともかく、、
不妊手術。
「耳カットしますか?」 先生の声が聞こえる。
耳カット、、それはT.N.R.
術後のリリースをすることだ。。

午前中には多美を捕獲したばかり、、
いろいろなことが頭の中をめぐる中、、

「いいえ、里親募集します。」
と、言ってしまった。


a0251586_22153509.jpg
こんな可愛い子が、外で生きてゆけるのか、、


「千春」


推定3歳
3kgもなく痩せている

3種ワクチン、ノミダニ駆虫

不妊手術の際、、子供が3匹、、
“合掌”
乳首の周りの毛がはげていて、、
つい最近まで前の子猫がおっぱいを吸っていたという、、


そのうえ、、
FIV、FeLvともに陽性。。
Wキャリア。。。


なんという過酷な人生(猫生)


これはもう、、
絶対に幸せになってほしい!!
しばらく養生して少しでも元気になれば、
Wキャリアでも大丈夫。。


そう  思っていたのですが、、、


食欲があまりなく、、
1日 1,2回 量も少ない。
1週間後には、1回食べるか 食べないか、、
おまけに危惧していた、
カゼの症状が出始めた。。
抗生剤は術後から毎日フードに混ぜて摂るように。。
栄養をとってもらいたいので、
子猫用のペーストや、香りの強いフードなど
いろいろ試した。

約2週間、、
多実と同室の2段ケージに居た千春。
多実とは、ほどほどに仲良くしていたようですが、
私が行くと、引きこもる。。


ストレスを与えないように、
なるべく、、そっとしておきました。。

なんとか元気になってもらいたかった。。


3月25日
我家の子にすることにしました。

多実とは別の2階の部屋へ移動させ、、
ひとりでフリーにさせてみました。。
温かくしたよ。。ゆっくりしておくれ。。
本格的な闘病生活に。。


a0251586_22155763.jpg
来たときから
体が辛かったのでしょう、、
ずーっと 険しい顔だった 千春。

可愛い顔の写真が1枚も無いのです。。


3月 29日からは、
ほぼ毎日 先生に往診に来てもらうことに。。
脱水がひどいので点滴で楽になってほしかった。
強制給餌も始まった。。

プライドの高い千春にとって
それは、許せぬ 嫌な時間だった。。

4月2日
治療方針のため採血
なんと
白血球 通常数値 5.500~19.500のところ
800 しかなかった。。
すでに 白血病を発症していた。。

猫カゼを併発していたため、
抗生剤か、ステロイドか、、悩ましいところ。。

少しでも、、
楽になって欲しかった。。




そんな ある晩、、
様子を見に、部屋の戸を そぉ~っと開けると、、
四畳半の真ん中で、
首をすっくと伸ばして横たわり、、
向こうの窓から差し込む月光をあび、
外を眺めている千春の
後姿を見ました。。

そのまま、、
中に入らず、、戸を閉めて階下へ降りました。。
なにか、凛々しくも
荘厳な様子だったんです。。。




翌日
4月 9日 虹の橋のたもとへ旅立ちました。。


a0251586_22163370.jpg


元気なころの写真が1枚も無いのです。。


出会ってから ひと月も経っていないのです。。。


a0251586_22171306.jpg


もう、、こんな姿になってしまいました。。。


そのときは、、どう受け止めてよいのか
わかりませんでした。。。


a0251586_22175096.jpg


先生からの、
このメッセージが、、
唯一の救いでした。。


a0251586_22182453.jpg


この窓辺に居たこと、、
忘れないよ。



千春。。
ようやく辛さから解放されたね。。
虹の橋のたもとの家で、
先立った我家の子達と、のんびりしていておくれね。。

おそらく千春の前に旅立った、、
ちーちゃんの赤ちゃんたちとも
出会えたよね。。


安らかに。。。








by wan-a_a-nyan | 2014-12-27 00:37 | cat | Comments(0)

愛犬・珀(ハク)の日常と          保護わんこ・にゃんこの     幸せ探しのお手伝い       ときどき花や緑


by wan-a_a-nyan